コラム新着情報話し方

話し上手は聞き上手

多少知識があり、元々饒舌な人は、ときには相手の話を途中で遮ったり、奪ったりすることがあります。とくに、テレビの情報番組を見ていると、ほとんどのキャスターなどにその傾向が見られます。
ゲストがしゃべり始め、佳境に乗って、もう少しで本丸に到着というときに、さも自分も知っているかのように、言葉を挟むのです。「おい、おい勘弁してくれよ。もっと聞きたいよ」と思うシーンは数多くあります。ゲストは、びっくりして絶句しますので、肝心の話は聞くことができずに進んでしまいます。特にレポーターが中継している場面で、レポーターの話を遮ってキャスターが質問をする場面が多く見られます。レポーターの話を聞いている視聴者からしたら気持ちのいいものではありません。

あなたの身近に、相手の言葉を切ったり奪ったりする人はいませんか。長々と、何を言いたいかわからない話には、やむを得ない場合もありますが、すぐ話を取ってしまう人多いですね。
経験談を話し始めて、いよいよ肝心なときに「私も・・・」と自分の話に持っていく人、います。会話は、根気も必要、自分のことはさておき、まずは我慢して相手の話をじっくり聞いてみましょう。