大阪ことばで楽しむ朗読教室

次回の開催は未定でございます。

朗読の世界では、共通語(標準語)のアクセントを使わなければならない場面が多くあります。そのようなことから関西出身の受講者はアクセントで大変苦労し本来の朗読を楽しむという目的がどこかにいってしまいがちです。

そこで、フェーム朗読教室は、 自分たちの方言を朗読に活かそうと大阪弁に特化した朗読教室を作りました。特に江戸時代から商人を中心に使われていた「船場言葉」は今聞いても音、言葉とも非常に美しく、人に対する気遣いが感じられます。その言葉と文化を次の世代に継承していくためにも大阪弁の朗読教室が必要だと考えました。まったく新しい朗読講座を体験ください。

  朗読教室の受講者の悩みとして「標準語のアクセントがわからない、関西弁なら自信がある」という声が多くあります。

朗読の世界では、共通語(標準語)のアクセントを使わなければならない場面が多くあります。そのようなことから関西出身の受講者はアクセントで大変苦労しています。アクセントに悪戦苦闘をしているため。本来の朗読を楽しむという目的がどこかにいってしまいがちです。

そこで、フェーム朗読教室は、 今まで苦手なポイントであった自分たちの方言を朗読に活かそうと大阪弁に特化した朗読教室を作りました。

言葉は時代とともに変化します。特に江戸時代から商人を中心に使われていた「船場言葉」は今聞いても音、言葉とも非常に美しく、人に対する気遣いが感じられます。その言葉と文化を次の世代に継承していくためにも大阪弁の朗読教室が必要だと考えました。まったく新しい朗読講座を体験ください。

講師プロフィール

NHK朝の連続テレビ小説で大阪、関西弁のことば指導をしている一木美貴子先生です。

一木先生は、時代考察も含めた大阪ことばを研究し、また役者としても大阪弁を多く使って演技される生粋の浪速っ子です。もちろん発声、発音、表現力の指導にも定評があります。

次回の開催は未定です